可能なら準喪服を用意しましょう

カテゴリー: 葬儀・葬式 Page 1 of 3

葬儀の事前準備について考える

映画『おくりびと』が注目されたり「終活」という新語が誕生したあたりから、葬儀を元気なうちに考えることをタブー視する人が少なくなってきました。

葬儀の形態は多様化しつつある

葬儀の形態も変化しつつあります。

葬儀に関する考え方の変化

葬儀はここ数年で突然行われるというようになったものでは無く、何百年も前から連綿と続いてきた文化になっています。

葬儀に参列する際の服装

葬儀に参列する際には、故人を偲ぶために正装をするという気持ちを込めて、略式の礼服を着用する必要があります。

葬儀の料金はオプションで決まってくる

葬儀の料金は様々なオプションのトータルとして決まってきます。

故人の想いや家族の想いを叶えるオーダーメイドの葬儀

儀式ゆえに単調で画一的になりがちな現代のマニュアル化された葬儀では、生前の故人の個性までも葬り去られてしまうようにも思えます。

後悔しない葬儀社選びのポイント

身近な人が亡くなり喪主となった時、どう対処すればいいのでしょうか。

葬儀を行うときの流れについて

葬儀がどの瞬間から始まっているのかについてですが、遺族が亡くなった直後からすでに始まっているということはいえます。

喪服のマナーについて

喪服には3種類あります。

女性喪服の格式と種類とは

喪服と一言でいうと黒いスーツやワンピースなどを思い浮かべますが、喪服には格式と種類があります。

Page 1 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén