可能なら準喪服を用意しましょう

カテゴリー: 冠婚葬祭 Page 2 of 6

葬儀の料金はどのくらいか

葬儀は大抵が突然のことです。

故人の想いや家族の想いを叶えるオーダーメイドの葬儀

儀式ゆえに単調で画一的になりがちな現代のマニュアル化された葬儀では、生前の故人の個性までも葬り去られてしまうようにも思えます。

葬儀の悩みはプロに相談

死を目の前にして遺族から出る言葉は「何をしたらいいのかわからない」がほとんどだそうです。

後悔しない葬儀社選びのポイント

身近な人が亡くなり喪主となった時、どう対処すればいいのでしょうか。

時代とともに変わりゆく葬儀の形

葬儀市場は今、激しく揺れています。

葬儀を行うときの流れについて

葬儀がどの瞬間から始まっているのかについてですが、遺族が亡くなった直後からすでに始まっているということはいえます。

喪服のマナーについて

喪服には3種類あります。

女性喪服の格式と種類とは

喪服と一言でいうと黒いスーツやワンピースなどを思い浮かべますが、喪服には格式と種類があります。

喪服を選ぶときのポイント

喪服はお葬式に着用する服ですが、滅多に着ることがないため選び方が分からないという人もいます。

喪服は年齢によって買い替えましょう

人の不幸はいつもいきなりおとずれます。

Page 2 of 6

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén