葬儀の形態も変化しつつあります。昔は葬式と言えば、親類縁者は勿論のこと近所の人が大勢集まって大会場で行われていました。まだ会社勤めをしていた人が亡くなった場合には、たくさんの会社の同僚や先輩、後輩が詰めかけて亡くなった方との最後のお別れをしていました。勿論今でもそのような形で葬式を行っている場合も多くあります。

特に地方に行くと村の誰かが亡くなったら、村中挙げて葬式を行っているところもあります。しかし最近では、近親者のみで葬式を行う場合が増えています。亡くなった方の為にたくさんの人達が来てくれるのは有難いことですが、その準備が大変です。葬儀会社が殆ど行ってくれると言っても、来てくれた人に対して一人一人にお礼の言葉を述べる必要があります。

そうすると気疲れしてしまって、大切な人と最後のお別れを静かにすることができなくなってしまいます。また亡くなった人も、生前に葬式を大体的にしないで近親者だけで静かに行って欲しいと家族に頼む場合も増えています。それは家族の大変さを思ってのことでもありますし、静かに葬式を行って欲しいという願いでもあります。そのためそういった願いに応えるために、近親者のみで葬式を行う家族葬の形をとる家族が増えているのです。

そのようなこともあって、葬儀会社でも普通の葬式の他に家族葬を行う人の為のプランも用意しています。家族葬であれば身内だけで静かに亡くなった大切な人とお別れをすることができるので、最近ではこのような形態の葬式が増えているのです。