死を目の前にして遺族から出る言葉は「何をしたらいいのかわからない」がほとんどだそうです。医師から「ご臨終です」と告げられた時、家族ならほぼ全員がショック状態に陥ります。冷静に対応できる人は少ないでしょう。ある程度事前に情報を得ておくことが、悔いのないお別れをするための最善の方法だとはよく言いますが、一体どのような情報を得ておけばよいのでしょうか。

葬儀を経験して困ったこと、というアンケート調査では「葬儀の手順」が上位に入っています。昔は近所や親戚に冠婚葬祭の仕切屋がいて、その人に聞けば解決できたものが、今や情報が氾濫しているために余計混乱してしまうようです。葬儀の基本的な流れはマニュアル化されていても、宗教や地域性の違いなどがあり、手順一つ取っても「一般的には」と語れない難しさがあります。こういった事情に精通しているのは、それぞれの地域に根差して営業している葬儀社です。

地元のしきたりや寺院との付き合い方などは、やはりプロに尋ねるのが一番です。だからこそ葬儀社選びはもっとも重要なポイントとなります。そこが決まっていれば、いざという時の細かい作業を任せて故人とのお別れに集中することができるからです。どの事業者を選ぶにせよ、事前に相談し見積もりを得ておくことは必須。

最近はホームページから必要事項を入力して送信するだけで、簡易的な見積書を手に入れることができます。ただし見積書だけで判断するのではなく、少なくとも電話で詳細を聞いておくべきでしょう。できれば担当者と直接会って、今後の手順や注意事項についても確認しておくと安心です。