喪服には3種類あります。正喪服は、喪主や親族などの葬儀を主催する側が着るもので格式が高くなります。着用することができるのは、遺族やその親族(一般に三親等まで)です。女性の場合、洋装については黒の無地で光沢感がないスーツやワンピースとボレロ、アンサンブルといったブラックフォーマルで、スカート丈はロングです。

和装については、黒無地で染め抜き五つ紋付縮緬の着物になります。男性の場合、洋装はモーニングスーツで、和装は黒羽二重染め抜き五つ紋付きの着物と羽織になります。ただ最近は葬儀の簡略化などにより、主催者側も準喪服を着ることが多くなっています。これは、弔事でもっとも着られている一般的なものです。

女性はブラックフォーマルですが、スカート丈は座った時に膝が隠れるくらいの丈(立った時に、ひざ下からふくらはぎくらいまで)を考えて着用します。男性の洋装はブラックスーツです。参列者がお通夜やお葬式に出席するときにも着ます。ちなみに和装もありますが(女性は、色無地に一つ紋あるいは三つ紋が付いている着物で、男性は、無地あるいは細い縞の着物と黒羽二重五つ紋付き羽織)、洋装が一般的です。

略喪服は、さらに格下になる平服です。女性はブラックフォーマル以外の地味な色のスーツやワンピースで、パンツスーツも入ります。男性はダークスーツになります。取り急ぎ駆けつけるということで平服のこともありますが、最近はお通夜で準喪服を着るのが一般的です。