喪服と一言でいうと黒いスーツやワンピースなどを思い浮かべますが、喪服には格式と種類があります。一般的の葬儀では、お通夜と本葬・告別式と分かれていますが、お通夜と告別式では着る服装が違います。また自分が親族や遺族か否かでも服装は変わってくるので注意が必要です。喪服には、正式礼装(正喪服とも)・準礼装・略礼装の3つの種類があります。

正式礼装を着用するときは、自分が喪主や遺族・3親等以内の親族であったりなど、故人との関係によって変化します。正式礼装とは、黒無地で光沢のない『シルク』か『ウール』のワンピース、スーツなどを指し地味なものです。ブラックスーツと間違われやすいのですが、一般的な喪服と言われるものやブラックスーツなどは準礼装にあたり、素材やスカートの長さなどで区別しますが、やはり光沢がないもので地味なものを着用しましょう。また略礼装とは準礼装より格が下がり、三回忌以降の法事や弔問、お通夜に参列するときに着用するものです。

地味な色であればグレーのものでもパンツスーツでも構いませんが、正礼装や準礼装と同様に素肌の露出は極力せずに、靴や小物も黒にするなど、派手にならないことが大切です。女性は他にも化粧や髪型、アクセサリーなどにも気を配らなければなりません。化粧や髪型はシンプルにあくまでも地味にすることが基本です。髪飾りも黒で統一し、パールの一連のネックレスであれば問題はありません。

忘れがちですがストッキングも黒にし、パンプスはヒールの低いものにしましょう。カツカツと歩く時に音が鳴るようなものは決して履かないでください。