喪服はお葬式に着用する服ですが、滅多に着ることがないため選び方が分からないという人もいます。どのように選んだら良いのか知っておくことで、喪服を購入しやすくなります。喪服は正・準・略の三つに分けられます。男性の場合は、最も格式の高い正はモーニングで喪主のみが着用し、ジャケットとベストは黒、パンツは黒かグレーに近い黒のストライプ、ワイシャツは白の無地、ネクタイは黒の無地となっています。

一般的なのが準礼装で、ブラックスーツです。光沢や艶のある一般的なスーツとは異なるため注意が必要です。喪主側から平服と指定された時に着用するのが略で、男性の場合黒だけではなく濃紺やグレーなどのダークスーツが着用できます。女性も3種類で、正は光沢のない黒無地のワンピースにボレロかアンサンブル、スーツなどのブラックフォーマルが基本です。

パンツスーツは正喪服には当たらないため注意します。お葬式では喪主と親族までが着用します。参列者が着用すると喪主よりも格上となってしまうためマナー違反になります。準はワンピース、アンサンブル、スーツなどです。

略の場合は、黒・紺色・グレーなどのワンピースやスーツが該当します。女性の場合は、靴やバッグにも注意が必要です。基本的には黒を選びますが、素材は革がベターです。ただし、クロコダイルなどの素材は殺生を連想させてしまうため避けた方が無難と言えます。

また、装飾がついたものやカジュアルすぎるデザインのものは好ましくないです。