人の不幸はいつもいきなりおとずれます。喪服が必要になることは若いうちにはあまりありませんが、年齢を重ねるごとに必要な回数は上がっていくものです。そして自身の体型など変わっていくことが常なので、年に一度は袖を通して確認しておくことが必要になります。そしてその人の年齢に合う形というものも要求されるようになりますが、着物を着る場合などは自分で着ることが難しいようなら洋服に変更することも考えましょう。

幸い喪服という性質上、それほど流行を追っていることは考えなくてもよいことが多いですが、組織の中での地位などによっては粗末なものより上質なものを選ぶことも大切です。葬儀に参列するにあたりマナーというものが存在しています。明確なことが多いので一度覚えてしまえば大丈夫ですが、地域によっては少し異なる部分があることも十分考えられるので、あらかじめ自身の住む地域の習慣などは調べておいて損はありません。男性の場合はそれほど気にしなくてもよい喪服ですが、女性の場合はスカートの丈は必ず座っても膝が見えない長さのものを選ぶことが理想だったり、寒くてもタイツではなく薄手の黒ストッキングがマナーとされています。

小物では女性はパールのネックレスやイヤリングを着けることが正式とされていたり、革靴は殺生を連想させるため履いてはいけないなど様々です。バッグや靴も気が付いたら劣化していることもありますので、喪服と同様に定期的に確認をして買い替えていくことをお勧めします。