お通夜や告別式は、人が多く集まるフォーマルの場です。参列する際、服装に関してはブラックフォーマルと言われる黒のワンピースやツーピース、スーツなどの喪服を着用すれば問題ありません。しかしバッグや靴に迷う女性は多いのではないでしょうか。喪服と合わせて揃えておけば安心ですが、普段使いのものを使えないか、と考える方もいらっしゃるのではないかと思います。

喪の気持ちをあらわす場ですから、華美にならないことを前提に考えることが大切です。喪服の生地がツヤを消したような風合いのものが多いのも、この前提によるものです。葬儀では、殺生を連想させるものは忌み嫌われますので、布貼りのバッグや靴がおすすめです。動物の革を使ったバッグや靴はあまり良いとは言われませんが、本革なら問題ないでしょう。

しかし、クロコダイルや毛皮など見た目ですぐに「動物の皮」とわかるような革製品は避けたほうが無難です。悲しみの気持ちをあらわすということで、アクセサリーは基本的に結婚指輪以外はつけないのがよいとされています。しかし、パールのアクセサリーを着けている方をよく見かけるけれど…と思う方もいらっしゃると思います。これは、真珠は「涙をあらわす」と言われているためで、パールネックレスを着けるのはマナー違反にはならないのです。

パールを身に着ける時には、ネックレスとイヤリングかピアスを対になるように着けるのがマナーとされています。ご注意ください。喪服のことならこちら