お葬式や通夜に出席する場合、順番にお焼香が回ってきます。お焼香とは仏式のみ行われることで、葬儀や法事の際にお香をたき、ご仏前に芳香を捧げ、亡くなった方を敬い、つつしむ心をささげる、という意味があります。また、香りにより心身を清めるといった意味もあります。お葬式においてお焼香は欠かせないものです。

焼香の仕方には大きく分けて3つあります。座ってお焼香をする座礼、立って行う立礼、座っている状態で香炉が回ってきて、お焼香後次の人に回す回し焼香です。通夜や法事などでは回し焼香が多く、お葬式の場合には立礼が多くなっています。お焼香は宗派によってもやり方が異なりますが基本は同じです。

まず、僧侶と遺族の方に一礼をし、次に右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまみ、額近くまでもっていき静かに香炉に落とします。その後合掌をし、故人に一礼をします。後ろを向き、再び僧侶と遺族に一礼をして終了です。数珠は左手に持っているのが良いでしょう。

荷物なども置く場所がなければ焼香台までもっていっても良いですが、お焼香をする時は下に置くなどします。宗派によってはお焼香の回数が違います。浄土宗では1回から3回、浄土真宗は1回、真言宗、曹洞宗は3回、臨済宗は2回、天台宗、日蓮宗は1回か3回と厳密には決められていますが、会場の都合や人数を考慮し、1回のみで、とお願いされることもあります。気持ちを込めることが大事ですが、周りの様子を良く見ることも大事です。