お葬式は一般に告別式の事を指します。遺族や親族、親しい人で告別式前日に通夜を開きますが、その通夜に参加できなかった場合や最後のお別れをしたいという場合に、お葬式に行くことがあります。お葬式に行く際に気を付けることは、服装です。通夜と違い、あらかじめわかっていることなので、黒の喪服を着用します。

男性の場合は黒の礼服に黒のネクタイ、黒の革靴が良いです。なお、忘れてしまいがちなのが、靴下です。靴下も黒の方がよく、できれば葬祭用のものを履くと良いでしょう。女性の場合も黒の礼服をきます。

黒のストッキングに光沢を抑えた靴をはきます。結婚指輪はしていても構いませんが、イヤリングやネックレスなど身につけない方が無難です。身につけても良いとされるパールもありますが、どれが良いのかわからない場合はネックレスをしない方が良いです。バッグも光沢のないものを選び、できるだけ飾りのないものを使用するようにします。

気を付けるのは爪です。手入れがしてある爪はいいのですが、マニキュアが塗られている爪はお葬式には不向きです。子供の場合は、学校の制服がある場合は制服で構いません。制服がない場合は派手な色でない服を着ます。

靴下も飾りがないものにし、女の子は髪飾りにも気を配るようにします。お葬式は亡くなった方と最期のお別れをする会です。遺族にお悔やみを申し上げる時でもあるので、取り乱したりせず落ち着いた雰囲気で参列することが大事です。喪服のことならこちら