以前は通夜、葬儀、告別式に望む際の喪家側の服装は正式礼装の着用が基本でしたが、最近では男性の場合、略礼装のシングルかダブルのブラックスーツがほとんどです。男性が服装で気を付けるべき点は、白無地のシャツに黒無地のネクタイ、派手なアクセサリーや時計、ネクタイピンは付けない、裾はなるべくシングルで靴下は黒無地、靴は光沢のないシンプルなものを選ぶ等です。女性の場合は、通夜で洋式の正式礼装、葬儀で和装の正式礼装に着替えるのが一般的ですが、最近では通夜も葬儀も洋装にする方が多いです。女性が洋装の場合に気を付けるべき点は、髪飾りはなるべく避け、つける場合はつやのない黒のものを選ぶ、結婚指輪以外のアクセサリーを控える、化粧はシンプルに、マニキュアは避ける、上着は長袖にし、スカートの丈は長めにする、ストッキングは黒、鞄やバッグは黒の布製を基本とし、光沢のないものを選ぶ等です。

女性が和装の場合は、結婚指輪以外のアクセサリーや時計は付けない、バッグや草履は布製、季節に合った素材のものを着用、半襟、足袋、じゅばんは白で、帯、帯締め、帯揚げ、草履、鞄等は黒で統一する等です。参列者の場合は、男性はブラックスーツやダークスーツを着用し、ネクタイと靴下を黒のものに着替えます。女性は洋装の場合、黒や地味な色のスーツやワンピース等を、和装の場合は無地に黒帯を着用します。また、急な訃報でスーツがない場合等には、黒や濃いグレー、濃紺のアンサンブルや、黒のシンプルなブラウスとスカート、パンツ等で大丈夫です。