故人を見送る葬儀はつつがなく行いたいものです。しかし実際には様々なトラブルが生じています。こうした葬儀のトラブルは年々増えているのが実情です。例えばどのようなトラブルがあるのでしょうか。

多いトラブルの一つに料金に関係するものがあります。一つのケースをご紹介します。葬儀社に見積もりを頼んだところ100万円ほどかかると言われ、どんなにかかったとしても150万円以上かかることはないと言われた人がいました。それでも、かなり大きな出費で支払うのが容易ではなかったためにいろいろな費用削り、最終的に120万円まで引き下げることができました。

ところが葬儀の後に届いた請求書を見ると何と185万円という金額が書かれていました。見積もりとは異なる金額です。しかも、当初提示された金額よりを大幅に超える金額でした。そのため業者に説明を求めたところ全く取り合ってはくれなかったようです。

業者は内訳は請求書に書かれているのでそこを見るようにとしか言わなかったということです。依頼した側としては納得がゆかず、最初に150万円以上はかからないと言われていたのを根拠にして150万円しか振り込みませんでした。そうしたところ弁護士を通して残りの残金を支払うようにという内容証明書が送られてきたという話です。このような見積もり額と異なる金額を請求されたというケースは少なくありません。

こうした事態に至らないためには契約時にしっかりと業者と話し合っておく必要があります。書かれている金額以上にお金がかからないかどうかをきちんと確認しておく必要があります。もし不安であるならば一筆書いてもらうことができます。葬儀のトラブルに巻き込まれないよう注意いたしましょう。