可能なら準喪服を用意しましょう

月別: 2021年2月

葬儀の主な種類と特性

葬儀社では、概ね会葬予定者人数300人以下の規模のものを一般葬と呼び、人間関係や社会関係での縁や絆を重視した葬儀の事を言います。

葬儀の服装、持ち物について

以前は通夜、葬儀、告別式に望む際の喪家側の服装は正式礼装の着用が基本でしたが、最近では男性の場合、略礼装のシングルかダブルのブラックスーツがほとんどです。

葬儀会社に色々と相談に乗ってもらうのが良い

身内が亡くなったら葬式を挙げなければなりません。

葬儀の見積もりトラブル

故人を見送る葬儀はつつがなく行いたいものです。

家族葬儀の費用は様々

セレモニーホールなどを利用して、葬儀を行う場合が多いですが、その中には、少人数で行われる家族葬も珍しくありません。

家族葬の費用と内容について

生前お付き合いのあった方たちに広くお知らせし、参列していただくのが一般葬ですが、参列者を限定して葬儀を行うのが家族葬です。

家族葬の費用は比較的安い

お葬式とはお金がかかるものですが、家族葬なら安い費用でお葬式をすることが出来るので予算が少ない人でも安心です。

家族葬の一般的な費用

家族葬といえば、家族だけで行う葬儀といった印象ですが、確かに家族だけで行うものであったとしても、規模は様々です。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén