葬儀は一般的に、お墓のある菩提寺の宗派の作法で行われます。宗派によって「生と死」に対する考え方が違うので、手順や作法にもお寺それぞれのやり方があります。納骨する予定のお墓を所有している場合は、菩提寺の宗派の作法で執り行うのが決まりです。お墓がある菩提寺が故人の亡くなった場所から離れている場合など、最寄りのお寺に手配して執り行ったあと、いざ納骨しようという段階になって、菩提寺から断られるというトラブルが起きることが考えられます。

納骨する予定のお墓がある菩提寺の宗派を確認し、葬儀社に正確な宗派を伝えましょう。最近では、儀式的な部分を簡略化するやり方を選ぶ人が増えています。経済的な事情で葬儀の費用が捻出できない場合や、故人の生前の希望(遺言)により、一般的な流れである通夜、葬儀、告別式を省き、火葬のみをして故人を送る形を「火葬式」または「直葬」といいます。その他、通夜を省いた「一日葬」や、家族や親しい知人だけで執り行う「家族葬」などがあります。

家族葬は、身内だけでゆっくりと故人とお別れする時間を作ることができます。また、参列する人数が予測できるため、費用に無駄が出ないというメリットがあります。反面、自宅に来る弔問客の対応におわれたり、一般的な方法で執り行わなかったことについてまわりから理解を得られない場合があるというデメリットがあります。故人の遺言や家族の希望、予算などを考慮して、葬儀の方法を選びましょう。