葬儀を無事に済ませた後、遺族のもとには個人の遺影や遺骨が残ります。これらを仏壇に供えておけばお墓に行かなくても、故人の冥福を毎日祈ることが出来ますし、故人のそばにいつでもいることが出来ます。大切な人がなくなったばかりの辛い心の傷も毎日仏壇で手を合わせて祈りをささげることで個人の魂との対話にもなりますし、死と向き合う心のケアにもつながります。永代供養など、お墓の概念が大きく変化しつつあるように葬儀の後の遺骨の管理についても概念が大きく変わっています。

有名なものでは遺骨をカプセルに入れてペンダントや指輪にして持ち歩くものや遺骨を使ってダイヤモンドを作ってアクセサリーにして肌身離さず持ち歩く方法です。従来の価値観を大事にする人にとっては驚くことかもしれませんが、大切だった人の一部を身につけることで故人を側に感じることで癒される人もいるのです。仏壇の管理の手間が省けるというコスト的なメリットもあります。遺骨カプセルもデザインが綺麗なものも増えていきましたし、遺骨ダイヤモンドもカラーを選ぶことが可能になっていますし、完成したものも遺骨だったとはわからないくらい美しいものとなっています。

他には植樹するというものもあります。葬儀をした後残される遺族の方が死を乗り越えることはとても困難なことでもあります。葬儀という死者を送る儀式をした後の生活をどうやって過ごしていくかは、周囲のケアも大切なので、サポートの充実も望まれますね。